Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。

ついに情報解禁となりました、公道仕様のNinjaH2!
そしてH2Rも公式サイトがオープン!


http://www.ninja-h2.com/ 
27





形式番号はH2Rが「ZX1000P」、H2が「ZX1000N」になる模様。
なんと早速予約開始しているショップも・・・w 
詳しくは公式サイトに任せるとして、主要な写真を幾つか並べて比べてみましょう。
15ZX1000P_Styling01
15ZX1000N_Styling01


思った以上にそのままのスタイリングで出してきましたね!
かなり台数が限定された生産になるでしょうけど、
このモデルを個人で買えて公道で乗り回せると考えただけで脳汁出まくりですw
01_15ZX1000P_Upper_cowl
15ZX1000N_Upper_cowl


マフラーやフェンダー、スポイラーは公道にマッチした仕様に変更。
しかし特徴的なフレームや片持ちスイングアーム、ミラー塗装などはそのまま!
15ZX1000P_Styling03
15ZX1000N_Styling03


なおスペックはこちら。ディメンションなんかも若干変更されていますね。
H2
h2

H2R
h2r



併せてですが、本日のEICMAではライバルであるHONDAやYAMAHAの新型も発表になりました。

YAMAHAは新型のYZF-R1および豪華仕様であるYZF-R1Mを発表。
LEDのポジションランプと、上手く隠したメインのヘッドライトが印象的。
引き続きクランクはクロスプレーンを採用し、公道仕様で200PSを超えてきました。
ホイールはなんと純正でマグ鍛・・・。すげえ。
 2015-Yamaha-YZF-R1-EU-Race-Blu-Studio-001
2015-Yamaha-YZF1000R1SPL-EU-Silver-Blu-Carbon-Studio-001





そしてHONDAもMotoGPマシンRCV213Vの市販バージョン
RCV231V-Sを発表!なんとこれも公道走れるとか。
もちろん200PS超。真性V4 SuperSportsです。
01
 



全てのマシンで200PS超。
SBKで勝ちに来たKawasakiのZX-10RやDucatiの1199に並んできました。
世界的な不況と一部先進国でのモーターサイクルブームの低調が
長らく意欲的なモデルの発表を妨げてきましたが、これは盛り上がりそうです。 

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1.
    • 2014年11月05日 01:54
    • RCVの公道仕様とか反則やろ((((;゚Д゚)))))))
    • 2. 大根
    • 2014年11月06日 19:41
    • ホント半端ないですよね!
      お披露目会にはマルケスも出てきたみたいですし、力の入り方が尋常じゃないです。
    • 3. cd
    • 2014年11月17日 18:12
    • この中でも総合性能ならRCV213V-Sの独壇場だろうけど
      価格も独壇場になりそう
      車両価格1000万以上
      2700万円という声もありますからね

      デザイン以上に本当に色々ぶっ飛びまくってます
      とてもでないが買えないけど・・・
    • 4. 大根
    • 2014年11月18日 21:57
    • RCVは半ば反則みたいなものですねw
      市販車というよりプライベーター向け供給車といった感じでしょうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット