Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。



2017/5/15に2017年モデルが発売されたばかりですが、
全国的に超品薄になって大人気のNinja650。

2017年モデルは発売日前にメーカー在庫が売り切れ、
店頭在庫のみの状態となっています。
そのため2018年モデルの早期登場が望まれていましたが、
本日、2017/8/1に2018年モデルが発売されることが発表されました。  

諸元変更はなく、名前から「ABS」が消えたことと、
カラー変更のみです。名前から消えただけでABS自体は標準搭載。
私の購入したメタリックスーパーブラックは継続販売ですが、
KRT Editionがなくなって、キャンディプラズマブルー×エボニーが追加されました。
 Ninja650 2018年モデル キャンディプラズマブルー×エボニー



 
こちらが2017年モデルのKRT Edition。
2017/5/15の発売から1.5ヶ月だけしか現行モデルとして存在しなかった
超レア車になりそうですねw
初回限定版と思うとプレミア感も増しますね。

もともと2016年以前のNinja650(ER-6f)って逆車でしたし、
400が外観まったく同じ兄弟車なのもあって、かなりマイナー車だったんですよね。
2017年モデルは2016年の1.5〜2倍くらい流通していて、
カワサキとしては売れ残りやしないか、戦々恐々だったとか。
それでもこれだけ品薄となれば、人気車種に格上げという感じでしょう。
Ninja650 2017年モデル KRT Edition
 



ちなみにこちらが継続となるメタリックスーパーブラック。
モデルイヤーだけでいうと型落ちですが、
色も中身も同じなので一応現行モデルを名乗っていいですよねw

カワサキのバイクは基本的に年次が変わった場合には
カラーラインナップの変更と細かい改善が行われます。
例えばヒールガードに樹脂テープがついたりとか。
でも2017〜2018はさすがに数ヶ月なので、
本当にカラー変更だけの可能性もありますねー。
2018年モデルが入荷したら細かい変更点をチェックしたいです。
Ninja650 2018年モデル 2017年モデル メタリックスーパーブラック
 




そうそう、実は今日で慣らし運転の1600km走行が終わったので、
週末にガンガン回せるツーリングに行って、インプレ記事を書く予定です。
レンタルと違ってしっかり慣らしをした上で
全方位からのインプレッションを書きたくて、出し惜しみしていますw

納車からわずか14日、2週間で次年度モデルの発表となりましたが、
2017年モデルと2018年モデル、変化はそれほどないはずなので
インプレ記事で気に入ったら是非予約してくださいねー。 
- - - - - 追記 - - - - - 
インプレ書きました
- - - - - 追記 - - - - - 
 IMG_5416



それまではこちらの動画でお楽しみくださいw
 



 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット