Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。

ご存知の方も多いと思いますが、外環道こと首都圏外郭環状道路の千葉県区間が開通しました


千葉県沿岸部民としては非常に有用な道路なので
これは要チェックということで、さっそく開通日に走ってまいりました。
まずは南側の開通区間である高谷(こうや)ジャンクションに向かいます。
高谷JCTにはICが併設されていないので、首都高浦安ICからアプローチ。
IMG_3747
 

 



地図に関しては、我らがカーナビタイムは即日対応してくれていました。
とはいえ、このあたりの地理はあたまに入ってるのでなくても大丈夫かなー。
IMG_3714




「高谷」がめちゃくちゃマイナーな地名なのでIMEで変換できない・・・
東は東関道、西に首都高と高速同士の接続部分から、
新しく北へT字に分岐するのが外環道です。
首都高か東関道の別料金払うのをケチるひとが多いらしく、ここはガラガラ。
IMG_3749
 


西からの車線と合流したら、ほどなく本線料金所を通過します。
ゲートは4口。必要十分かな。
IMG_3751
 


料金所を超えるといっきに下ってそのまま地下へ。
地下鉄東西線をアンダークロスします。
跨道橋からはたくさんの見物人が手を振っていました。
このへん交通の便が悪いので、地元の人も嬉しい開通でしょうね。
IMG_3753
 


トンネルに入るとほどなく京葉JCTなので、早めの案内図。
高谷方面から千葉方面(京葉道)へのランプは工事遅れによりあとまわし。
将来的にはちゃんと作るそうですが、まぁあんまり使わないかも?
IMG_3754
 


地下に入る場所で市川南ICが合流してきます。
ここから入る人が多いので渋滞ができはじめました。
市川南は北行きの入り口と南行きの出口のみのハーフIC。
地下部分の構造は、基本的に中央に開口部があるカルバート。
開口部を中央分離帯として、地平部には国道298号線が通ります。
上をまたぐ道路や線路が多いのと、景観や周辺環境を重視して
このような構造になったそう。
IMG_3756
 


つづいてこちら京葉JCTへの分岐点。
京葉JCTは京葉道の市川ICから少し西にオフセットする位置にあります。
ここから直接出入りできれば便利なんですけど、
外環道+298号+京葉道+市道の4本クロスに既設の市川ICまで重なる構造なので
さすがにランプが追加できないのは仕方ない。
西に向かうと首都高小松川線、東に向かう京葉道路への道は未開通です。
IMG_3759
 


京葉道をアンダークロスする場所は天井がふさがった完全なトンネル。
地平部の国道298号は京葉道と市道を高架でオーバークロスします。
IMG_3760
 


京葉JCTの次は市川中央IC。こちらもハーフICですが、
市川南ICとは逆で、北行きの出口と南行きの入り口のみ設置となります。
用地の問題もあってこの区間のICは全て片側のみですが、
一個先のICまでそんなに距離がないので不便には感じないかも。
市川南と市川中央、市川北と松戸がそれぞれペアになり、
入口と出口がちょっと離れてるイメージです。
IMG_3764
 


追越車線に出たのでカルバートの開口部を観察。
GPSの電波はさすがに掴めないですね・・・
時間帯によっては日が差し込んできてまぶしそうだけど、大丈夫かな。
IMG_3767
 


地下のまま14号・京成線をくぐるために深く潜るサグ部を通過し、
市川北の合流を受けたら、その次は松戸ICです。
トンネル内照明はどこもやりすぎかってくらい明るいですね。
圏央道の相模あたりとそっくり。
IMG_3769
 


松戸ICの出口の先には合流ランプの準備工事らしき構造が。
もしかしてこれ将来フルIC化するんでしょうか。
それとも資材搬入路・・・?
IMG_3771



松戸ICは国道6号へ直接接続。
本線はこれをアンダーパスしたところですぐに地上に出ます。
地下区間はここまで。
IMG_3773

 

地上への出口。防音壁が高いですね。
この辺の構造は三郷以北の開通済み区間にそっくりです。
ここの登りは渋滞スポットになりそうだ・・・
IMG_3775
 


高度をあげてそのまま橋梁へ。荒川を渡っていきます。
荒川上には当然民家がないため防音壁もなし。景色がいいですね。
一瞬東京都に入り、すぐに埼玉へ。
IMG_3778
 


ほどなく開通済みだった三郷南ICが見えてきて、ここで新規開通区間は終了です。
これまでは三郷南からの流入が本線でしたが、今やただの合流ランプ。
すっかり印象が変わりますね。
IMG_3779
 



開通区間は三郷南までなのですが、もう一箇所だけ今回新しく開通した場所があります。
始点だった三郷南ICから近すぎるためいままで出口が必要がなかった場所に
三郷中央ICがあたらしく供用開始になっています。
これもほかと同様、三郷南と対になって機能するICです。
IMG_3784

 

開通区間をしっかり走り終わったので、草加までいって外環を降り
道の駅川口・あんぎょうで休憩して折り返します。
IMG_3785
 


再度草加から流入。南へ向かいます。
4/11に草加方面から常磐道へのランプが増えたんですが、
なんかこう、標識が雑・・・w
直線的にのびる太い方が新設の第一ランプ、
カーブからにょろっと生えてる細い方がこれまで供用されていた第二ランプです。
IMG_3788
 


3環状は内側から、首都高都心環状線をC1、首都高中央環状線をC2として、
外環道はC3になります。C3表記の看板もちらほらと増設されていました。
IMG_3790
 


これまで終点として幾度も利用した三郷南を直進して再度開通区間へ。
IMG_3791
 


これまでここが本線終端だったことを
言われなければわからないくらい自然につながっていきます。
IMG_3792
 


こちらは都心・千葉方面へ向けて複数ルートで走れるので
ルート選択に有用な混雑表示の電光掲示板も配備されていました。
このタイプ見やすいですよね。
IMG_3794
 


先ほどは見れなかった市川北IC。
ここは流出車がものすごい並んでいました。
みんな道の駅いちかわに行くのかな。
IMG_3797
 


南行きは案内が色々リッチだ。
京葉JCTへの案内図もこんな感じの大看板。
南行きからの京葉JCTはは千葉方面京葉道、東京方面首都高ともにどちらも利用可能。
IMG_3799
 


ちょっとブレブレですが、同様に市川南ICへの流出も。
ここは出ても何もないのでガラガラでした・・・w
物流倉庫は多いので、平日はそこそこ利用がありそうですね。
ららぽーとやIKEAに行くのに東関道代をケチるにはこちらから。
IMG_3801
 


市川南を超えたら東西線をアンダークロス。ほどなく地上へ。
一気にのぼって、その先は分岐になって終点です。
そういえばオービスが一台も設置されてなかったなー。
そのうち取り付けされそうですけど、
アップダウンやカーブが多いので引っかかるような車はいないかもですね。
IMG_3803
 


ここのICは右に曲がって西に行こうとすると、
首都高湾岸線/東関道に加えて国道の湾岸線357号の高架も超える必要があります。
外環道と平行する国道298号も同様にJCTがあるので、
一番上を通るオーバークロスは大げさなほど高いところを通ることに。
IMG_3804
 


綺麗な弧を描いて首都高を越え・・・
IMG_3806
 


合流地点はなかなかの絶景。ここは好きになりそうだ。
とはいえ、ここ使ってしまうと次の出口が浦安になってしまうので
僕はあまり使わないかも。千鳥町/湾岸市川で出られればいいんですけどね。
IMG_3808
 


往復走りきったので市川PAで休憩。
首都高のPAですが、入り口より東側にあるので
東関道もしくは今回開通した外環を経由しないと入れないPAです。
用賀や永福はIC入ってすぐ使えるんですけどね。
IMG_3809
 


ひどい渋滞を覚悟していましたが、1時間半程度で往復できました。
思ったより早めに終わってしまったので、せっかくだから平行国道の298も堪能。
まだ側道は半分くらいが工事中で閉鎖されてました。
急いで開通させたのがよくわかりますね。
IMG_3824
 


松戸以北の開通済み区間は信号もすくなく流れの早いイメージでしたが、
今回開通区間は既存の街道とのアクセスを意識しているのか信号おおめ。
あんまり速達効果はなさそうですが、周囲が狭い道ばかりなので
地域交通を重視しているのかもしれませんね。

せっかくなので沿道にある道の駅いちかわにも立ち寄り。
ちょっと物足りない感じの施設ですね。あんまり使わなさそうw
土地はたっぷりあるのでもう少し施設が充実するといいですね。
IMG_3825
 






 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット