Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。


ということで今年も行ってまいりました152号線縦貫。
今回は北から南に向かって走るルートで、4人小隊での行動です。
3連休の真ん中日曜日に晴れ間を見つけて走りました。
IMG_8101




走行ルートはこんな感じ。


ゆったり走るために集合時間を早めに設定し、談合坂SAに6:30。
ちょっと早めの5:00に自宅を出て、中央道を西へ向かいます。
朝の気温は20度くらい。メッシュジャケットではやや寒いかな。
IMG_8021
 


夜が明けた談合坂は澄み渡った青空。
週の半ばくらいまで雨の予報があったので心配していましたが、
前日になって雨が深夜〜翌日に移動したため、日中は晴天に恵まれそうです。
IMG_8027
 



談合坂からは中央道でさらに北へ向かいます。
9月に入ったので空に入道雲はなく、
秋晴れといった感じの爽やかな日差しでツーリング日和です。
IMG_8032
 



集合時間を早めにしてマイナーな中央道スタートを設定したのが功を奏し、
高速は混雑することなくスイスイ進めます。
隊列走行で綺麗に並んで行儀よく走るのはマスツーの醍醐味ですよね。
IMG_8036
 



富士見の中央道最高標高点を過ぎ、諏訪で高速を下ります。
ここから山に分け入るので一旦給油、152号線の南下を開始します。
 IMG_8041




まずは整備されて綺麗な杖突峠の道を一気に駆け上がります。
ここは片峠なので、登りきったらそのまま降りずに高原を抜ける道。
まずはこの頂上が一つ目のビュースポット。
登りきったところに峠の茶屋があり、展望台が無料開放されています。
IMG_8043




到着が8:00と早かったためお店は開いていませんでしたが、
展望台には入れるのでお邪魔します。今度は茶屋にも寄りたいですね。
この180度パノラマの大絶景、ぜひ現地で見ていただきたい!!
弧を描いて進む中央道が美しいです。
IMG_8044

IMG_8045

IMG_8046

 


杖突峠からはさらに南下、高遠方面を目指します。
時間が8:30を回って、気温が上がってきました。
朝は寒かったですが日中の平地は32度に達する予報。
それを裏付ける強い日差しが西の斜面を照らしはじめます。
IMG_8048




152号線沿いは山に挟まれた谷筋をずっと抜けていく道。
ひたすらこういった川沿いの道を走り抜けることになります。
谷底の日照時間は東西の山に遮られて少なく、夏日でも朝夕は涼しくて快適。
 IMG_8066




高遠に近づくと徐々に地形がひらけていきます。
関東平野ではまだまだ台風シーズンで夏の残り香を感じますが、
さすがは高標高地、稲穂が色づき始めてコスモスも綺麗です。
IMG_8070




高遠のコンビニで小休止を挟んだら、引き続き大鹿村方面へ。
気温の上昇と同時にテンションも上昇しますw
時間は10:00。この時間になると谷底までしっかり明るくなりますね。
IMG_8075




大鹿村では道の駅歌舞伎の里大鹿に立ち寄って小休止。
ちょうど敷地内で和太鼓のパフォーマンスをやっていました。
IMG_8090




どうやら大河原の秋祭りの日だった模様。

 

水分補給ついでに152ステッカーを購入。
そういえばこのバイクには、自分で何もステッカー貼ってなかったなー。
Winter Test Editionなので最初から季節感無視のステッカーはついてるんですけどw
IMG_8089
 


 
大鹿村で休憩を終えたら、分杭峠を越え、
152号線の分断部分を迂回する地蔵峠の蛇洞林道を経由します。
直進ルートはそのまま林道から152号線へ戻るのですが、
今回は少し離れて、東の山へ登ります。
目的地はしらびそ峠、本日二つ目のビュースポットです。
ここで時間は11時。太陽が高くなって、どの山も綺麗に照らされて綺麗。
IMG_8092
 



 峠の展望駐車場からは、聖岳を含む東の斜面が一望できます。
こちらのパノラマは杖突峠と趣がことなり、
ひたすら遠くまで山、山、山。
奥行き感がものすごく、引き込まれるような絶景です。
天候も申し分なし!!
IMG_8093
 



この先、高原の上には宿泊施設があり、
そこから南アルプスエコーラインで南に抜けることもできますが、
今回の主眼は国道152号線なので、そのまま来た道を戻って再合流。
道中、西側の斜面を一望できるスポットがあったのでこちらでも一枚。
西も東もものすごい眺望だ。来世はここで鳥として生きたいw
 IMG_8100




しらびそ高原を降りたら、遠山郷へ向かって進みます。
実は、このあたりの地蔵峠は9月11日の夕方まで災害のため通行止になっていました。
開通したばかりの地点は、まだ工事で片側通行のまま。
一部未舗装のままになっている場所が残っていたりと注意が必要。
前回の天竜川の時も思いましたが、本当にこのあたりは険しいところです。
IMG_8103




地蔵峠を下りきったら三遠南信道の作りかけの橋脚を右手に、さらに南下。
ここから遠山郷周辺まで、しばし平坦な地形と整備された道が続きます。
上村でいちど給油し、ひらひらと切り返しながらどんどん進みます。
IMG_8105




その先、おなじみ道の駅遠山郷でちょうど正午。
ここで昼食タイムとします!
IMG_8106




かぐらの湯併設の味ゆ〜楽でお昼ご飯!
あえて地物ではなくハンバーグをチョイス。またそれもよし。
今回も温泉に後ろ髪をひかれつつ、食事が済んだら再出発です。
IMG_8109




遠山郷から南は道路改良がどんどん進んでいて、
前回来た時に峠だったところがトンネルに、
すれ違い困難だったところが立派な二車線にと、景色が様変わりしています。
そんなバイパス道路ちっくな道を進んで腹ごなししたら、再び山道。
152号線2つ目の分断箇所、青崩峠を越えていきます。
IMG_8115




青崩峠を越えた先、草木トンネルを横目に飯田線と合流。
水窪地域へ入って、水窪駅のすぐ裏手、塩の道国盗りで水分補給。
時間はここで13:30を回りました。
IMG_8116




この近辺はちょうど佐久間ダムの水没区間の線路付け替えとして、
飯田線が突然山の中から現れ、再度山の中に消えるような線形になっています。
迂回したとはいえ、結局山の中に変わりはなく。
斜面に張り付くように線路は進みます。
IMG_8117




そんな飯田線の景勝地の一つ、塩の道国盗りからほど近く、
第六水窪川橋梁が本日3つ目のビュースポットです。
この橋は綺麗なカーブを描きながら、右岸(画面左手)に一度接近して
上陸せずそのまま左岸に戻るような変わった線形。

それもこれも、トンネルすら掘れない険しい地形と難しい地層が故の、
苦肉の策の副産物なんですね。
IMG_8123



水窪地域を離れたら、やや進んで天竜川と合流して南へ進んでいきます。
ずーっと見える広い川面は、すべて秋葉湖。秋葉ダムのダム湖です。
この辺りは交通量がそれなりに多く、ゆっくりしたサンデードライバーのペース。
IMG_8128



やがて湖面が一気に広がると、秋葉ダムが現れます。
ほぼ満水のダムはさながら橋のようにも見えます。
あの深い谷をここまでの広さで埋めてしまうなんて、
いったいどれほどの深さの湖なのか・・・と考えると背筋がひやっとしますね。
IMG_8130



そのまま川沿いに南へ南へ。
天竜二俣を超えたら今日の最終チェックポイント、西鹿島駅。
ここは遠鉄終着駅であると同時に、天竜浜名湖鉄道との連絡駅です。
到着したのは15:30。水窪から先が想定の倍くらいかかってしまった・・・。
せわしなく動く列車を横目に、152号線の旅は終了です。
IMG_8131



西鹿島からは、ほど近い浜松浜北ICから新東名に乗り、
静岡SAで給油して解散。お疲れ様でした!!
IMG_8138



その後、30kmを越えようかという酷い渋滞を避けるために
沼津あたりから市街地に入って迂回。
同行者のZRXライダーにエスコートしていただいて夕食をとったあと
箱根峠を1号線・箱根新道で越えて江ノ島方面からまわりこんで
首都高湾岸線へ向かう帰路をとることに。
朝比奈あたりから深夜の大雨に追いつかれてしまい、
土砂降りの帰宅となりました。
IMG_8143


本日の走行距離は717.7km。
なんとか当日中に帰宅できたものの、19時間の長丁場でした。
おつかれさま!!!!
IMG_8149


ODOはやーーっと10000kmを越えて10500kmになりました。
IMG_8150

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット