Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。


せっかくの新車なので、長く綺麗に乗りたいなーということで
ガラスコートをお手軽に施工することにしました。
今回使うのはCR-1 Personalです。
IMG_3199







ガラスコートのいい点は、綺麗に艶が出るだけではなくて
表面皮膜による傷防止と清掃の容易さにあります。
自分はツーリングが終わったらその日のうちに
チェーンメンテと拭き上げをセットでやるようにしてるので、
手早く綺麗になるのはかなりありがたいんですよね。
IMG_3200





実は17年モデルのNinja650の時にも自分で施工したんですが、
その次のNinja250はマット塗装だったので施工しなかったんです。
そしたらホイールの汚れの落ちにくいこと落ちにくいことw
あまりに差を感じたので、迷わずNinja1000SXにも施工することに。





幸い、自分は現在テレワークになっているので、
前日のうちに洗車しておいて、朝の始業前にコーティング作業ができます。
通勤してると朝は時間ないですし、
夜は暗くなっちゃってて拭きムラが見えないし、
さらに施工後数日間は水濡れ厳禁なので、
週末〜水曜くらいまでずっと晴れの週を探さなきゃなりません。
にわか雨でもアウト、となると、屋外保管では厳しい。
反面、平日ならかなり融通が効きますからね。
IMG_3733






コーティング作業は、車体の洗車・脱脂・乾燥を行ったあと
同梱のマイクロファイバーのウエスを使って
薬剤を塗り広げ、乾燥しきらないうちにムラなく拭き取るだけ。
黒いところでやるとよくわかりますが、
びっくりするほどスイスイと伸びる薬剤なので
塗るのが楽しくなります。
IMG_3529




Ninja1000SXはカウル面積も大きいので、塗り込みは
正面アッパーカウル、左サイドカウル、右サイドカウル、
タンク、リア周辺と5箇所にわけて塗り+拭きを繰り返します。

かなり贅沢に薬剤を使いましたが、全体を2回やっても
ヘルメットを塗れるくらいは残りがありました。
IMG_3520




カウル外してやってもよかったんですが、
固定されてないとぺたぺた触ってムラを作っちゃいそうなので
メンテスタンドに立てた状態で塗りました。
サイドカウル施工したあと立ち上がろうとして
ハンドルで脳天をぶつけること3回w
IMG_3530





塗り込みがおわったら、仕事の間8時間カバーをかけずに放置して、
終業後の仕上がり状態がこちら。
もちろん新車のクリア塗装も綺麗なんですが、
表面の映り込みが潤いを帯びたようなぬるっとした質感に。
IMG_3519




今回はダメ元でスクリーンにも施工してみました。
(ムラが出やすいので非推奨です。自己責任でどうぞ!)
最悪ムラだらけになったら純正ノーマルスクリーンに戻すつもりで。
メーターがハッキリ写り込んで細かい文字も読めるほどですね。
IMG_3540





ある程度反応が終わり皮膜形成された翌日からはカバーして保管し、
3日経過した週末の状態がこちら。
車のホイールもしっかり映り込んでますね。
IMG_3572





角度違いですが、参考までに、こちらは施工前。
十分綺麗に見えますが、比べると映り込みのクリアさが違います。
(Blogの画像で伝わるかどうか・・・w)
IMG_3319





タンクはやっぱり効果てきめんで、
ステムもイモビもスマホマウントもしっかり映り込む仕上がり。
これが数年間は続くはずなので、車体への愛着も増し増しですね。

キャンディ系の塗装なんでもともと傷は目立ちづらいんですが、
どうしても艶は落ちていくものなので、
数年後ここからどうなるかに期待、ですね。
IMG_3518



ヘルメットもごらんのとおりw
晩酌のお供がしっかり反射するヌルテカ状態です。
IMG_3735







ホイールは走行後の排ガスやチェーンルブ混じりの汚れが
ちょっと拭くだけでさくっと綺麗に落ちます。
水なしでも、しっかり背景が映り込むくらいに。
 




今回は、自粛でしばらく乾かす時間がとれそうだったのと
できるだけ納車日を早くしたかったので自宅施工としましたが、
本当はお店(プロショップ)でやってもらう方が
高品位で耐久性のある仕上がりになるんですよね。
お店だと脱脂洗浄も完璧ですし、保管も気にしなくていいので
心に余裕のある方は是非プロショップでw

メーターだって映り込みがすごくて
表示内容を撮影するのに反射の先が写っちゃって大変です。
IMG_3661
 

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. はじめまして
    • 2020年05月19日 22:13
    • 5 自分も2020のNinja1000sx(緑)を購入して現在納車待ちです。
      CR1施工をお願いするか相当悩んだのですが、こちらの記事を拝見して自分でやることにしました。
      そこで、質問なのですが新車でも脱脂は必要でしょうか?
      そして脱脂する場合どの様にされましたでしょうか?車用のカーシャンプー?あるいはパーツクリーナーなどでしょうか?新車のボディにパーツクリーナーをかけるのは躊躇しますね。

    • 2. 大根
    • 2020年05月22日 09:28
    • コメントありがとうございます。
      脱脂は僕も迷いましたが、念のためやっておいた方が良さそうですね。
      皮脂なりチェーンルブのハネなり、どうしても油は付きますし。
      ガラスコートは失敗したときのリペアがすごく大変なので、念には念を・・・。

      パーツクリーナーは怖いですね。
      特にプラ無塗装部分とかクリア塗装のない場所は絶対。
      カウルは施工マニュアル通りまずカーシャンプーであらかた落とすとして、
      自分は乾燥後にチェーンクリーナーを少量ウエスに吹いて拭き上げました。
      シールチェーンのゴムシールを傷めないような成分なのでパーツクリーナーよりはパーツに優しいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット