Ninja1000SX‬ツーリングレポート [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。


お盆休み始まりましたねー!ということで、初日から晴れたので早速出撃。
とはいえ、残念ながら日光や諏訪湖より北は降雨の可能性が高く、299号は十石峠が通行止めとの情報。
夜に別件の予定もあったため、今回はさくっとまわれる山梨は早川方面に進路を向けます。
行き止まりの道ってなかなかモチベーションがなくて訪れようと思わないので、たまには選びましょう!
IMG_6827



ルートはこんな感じ。
 
 


長い人はお盆休み、そうでなくとも土日休みの人であれば3連休の初日となる日、交通量が増えることが予想されます。
さらに都内では猛暑日の天気予報にもなっているので、涼しいうちに回ってしまうべく、4時前の出発です。
朝焼けから徐々に青くなっていく暁の空を眺めつつ、中央道を西へ。
IMG_6809
 


途中、初狩PAと双葉SAで休憩・給油を挟んで、双葉JCTから中部横断自動車道を南下します。
IMG_6810
 


初狩PAからみた空。東の朝日と西の青空のグラデーションが美しいです!
IMG_6812
 



目的の道路の入り口は下部温泉のあたり。
東名のほうが近いイメージでしたが、中部横断道がずいぶん開通してくれたおかげで中央道周りのほうが早いんですね。
ということで中部横断道を中富まで走り、県道37号へ。
IMG_6814
 


道路表示には奈良田の開運トンネルから広河原まで通行止めの文字。
これは災害や工事の影響でなく、南アルプスの自然保護のためのマイカー規制。
上高地や尾瀬なんかと同じ措置ですね。
IMG_6818

 

道は早川沿いに、まずは西に向かって走ります。
このあたりは川幅も広く、流れも穏やか。
天竜川中流あたりにも似た風景です。
IMG_6819
 


途中、雨畑川との分岐地点で、早川と37号線は北へ進路を変えます。
あとはずっと蛇行しながら、ほぼ真北へ向かって南アルプス方面へ。
時間は6時をまわり、ずいぶん明るくなってきました。
IMG_6820
 



数カ所の温泉街と登山客くらいしかこの時間にはいないと思っていたのですが、商用車やダンプが結構な頻度で行き交います。
なぜだろうかと思っていたら、こんな看板を発見。
中央新幹線といえば、超電導リニアのあれですね。
静岡側でいろいろ揉めてはいますが、山梨は本体工事が始まっているのでした。
IMG_6825



途中、新倉のあたりで戯れに旧道に入ってみると、珍しい旧型標識が。
落石の石のフォントも時代を感じさせますね。
脇道に入って、こういうのを見つけてちょっと嬉しくなるのもソロツーの楽しみ。
このタイプの標識は昭和46年廃止です。
IMG_6844




ところどころ狭窄なものの、概ね走りやすい道をすいすいと登っていくと西山発電所。
ここで道は2/3くらいです。
河原には大きいゴロゴロとした岩が無造作に転がっていて、地盤が不安定なことを匂わせます。
IMG_6823
 



そのまま5kmほど登っていくと、大きなダム湖。
こちらが先ほどの発電所と対になる西山ダムです。
エメラルドグリーンの綺麗な水は只見あたりと似た色で、雪解け水が豊富な地域の特色かな。
 IMG_6826



西山ダムの上流で奈良田橋を渡ると、道路はもう終点の開運隧道目前です。
レトロなトラス2連の橋に、あまり見ない路盤下の電線が特徴。
ちょっと雲が多いのが残念ですが、堂々とした出立は画になります。
IMG_6831



終点に広河原まで17kmと標識がありますが、ここから先は南アルプス市営バスやタクシーでのみ通行可能。
発電所見学も可能なようですが、時勢が時勢なので現在は中止。
そもそも時間がまだ7:00だから平時でも見学不可能ですね。
IMG_6835



すぐ左手には砂防ダムがありますが、水の流れで侵食されきっていて天端が不思議な形になっています。
春先には相当な水量があるんでしょうね。
IMG_6833




さて、予想以上に走りやすい道だったのと、目論見通り渋滞なしで走ったのもあって、7時過ぎにやることがなくなってしまいました。
もちろんこのまま帰るのももったいないので延長戦です。
先ほどの雨畑川との分岐地点まで来た道をもどり、西へ入り雨畑ダムへ向かいます。
IMG_6848



このダムは、なんとその容積の93%が堆砂によって埋まってしまったという曰く付き。
かなり大規模に工事しているようで、大型重機がせわしなく稼働して土砂を搬出していました。
溜まるということはそれだけ上流から流れてきているわけで、やっぱり南アルプス周辺の地盤の脆さは半端ないなと思わされます。
IMG_6854



閑話休題、もちろんここには土砂を見にきたわけではなく、目的はこちら。
ダムに流れ込む沢の一つにある大きな滝で、見神の滝といいます。
比高も高く、水量も程よい感じで流れ込んでいて、滝壺には涼しい飛沫が舞っていました。
IMG_6850




涼しげな様子とスケール感を動画でどうぞ。
時間はここで8:00くらい。もうちょっと日差しが差し込む時間だと虹もできそうですね。





雨畑ダムをあとにし、またまた来た道を戻ってふもとへ。
他に通じてるルートがないから仕方ない。
気温が上がってきたので水分補給をしっかりとし、今度は国道300号線、本栖みちで本栖湖方面へ走ります。
IMG_6857



本栖みちへは中部横断道の終点、波高島駅付近を見ながら山へ入っていきます。
ここまで晴れてはいますが、ちょっとスッキリしないお天気でしたね。
IMG_6859



楽しく峠道を走ってひと山こえて、本栖湖周辺は打って変わってそこそこ良い天気。
時間は9:00をまわり、外気温計は早くも30度を指します。
IMG_6861




富士五湖周辺はこれから観光客だらけになることが予想されるので、早々に回避して国道139号で南へ抜けます。
この道を走るといえば、行くところはもう一箇所しかないですね。
IMG_6863
 


お馴染み、道の駅朝霧高原です。
ここまでくると涼しくていいですね。
富士からのさわやかな吹き下ろしと、照りすぎない日光がさながら春のよう。
IMG_6865
 

極寒だったらどうしようかと思いましたが、これが食えるくらいには暖かくてよかったですw
ここのミルクソフトは練乳食べてるみたいで最高の濃さですね。
IMG_6867
 


もう8月だというのに、自販機にしっかりホットがあるのもご愛敬。
この日も9:30なのに気温が23〜25度くらいだったので、真夏でも早朝深夜は20度を下回りますし、雨が降れば15度以下。これが嬉しいんですよね。
IMG_6868

 

朝霧高原からは、遅い車に追いつくたびに脇道に入ったりとソロムーブを楽しみながら、東名方面まで抜けてゆったり帰宅。
北海道いったって嘘つけそうな写真も撮れましたw
IMG_6872
 



帰りは首都高3号渋谷線の渋滞を横浜北西線で回避、羽田線経由で完全渋滞フリーのまま午前中に帰宅完了!
この日の走行距離はほどほどの505.0kmでした。
IMG_6876
 


ODOは9772kmとなりました。
IMG_6877
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット